スーパースターへの道 in カンボジア

『星』に手を伸ばせ!!たとえ届かなくても in カンボジア

オカマ犬“さそり”が見つめる、スーパースターを目指すカンボジアの若者たちの青春

愛しき故郷

最近、我が家では、いつの間にか金魚が飼育され始めました。

で、私が「金魚が飼われている」と気づいた時には二匹の金魚がユラユラと泳いでいて

iPhone5(シェムリアップ出身、中古)で動画を撮っていると

CSAのぶっとびお手伝い娘・ニタがゲラゲラ笑いながらやって来て

 

「聞いてよレナ、昨日さぁ

金魚にみんなでエサをあげまくったんだけど

そのうちの二匹がエサ食べ過ぎて、お腹がポンポコリンになって

終いには“ボーン!!!”って破裂したんだけど!!

食べ過ぎてお腹が破裂して死ぬって・・・・・ウケる〜!!!

あーっはっはっはっ!!!!

で、金魚、残り二匹になっちゃった!!

あーはっはっはっはっ!!!」

 

あははじゃないよ

食べ過ぎてお腹が破裂して死ぬなんて、そんなことってある!?

けっこう、悲惨な現場じゃない!?

 

f:id:rena19811026:20170711153153j:plain

 

この週末、POLARIX(ポラリックス)のメンバーたちは

地元シェムリアップに凱旋帰郷を果たしました。

 

カンボジアの大手携帯電話会社のイベント出演のためです。

 

しかも、Juvie Lin(リン)はラジオの出演もあって

カミナリ親父とリンは、一足先にシェムリアップ入り。

 

残りのメンバーは、次の日の朝、バンでシェムリアップへ。

 

Kong Jubi(コン)Van Norith(ノリ)と私は

ワークショップの仕事を終えて、その日の夜にシェムリアップへ。

 

みんなでシェムリアップに集合し、「やっぱりシェムリアップは良いね」

という話で盛り上がりました。

 

安全だし、自然は多いし、交通量も少ないし

それなりに美味しくてオシャレなカフェがいっぱいあるし

やっぱシェムリアップは良いねー

 

※逆に言うと、プノンペン暮らしの良いところは

・ゴキブリやネズミの量がとても少ない

(今のところ我が家の犬が捕獲したネズミは2匹のみ。

シェムリアップでは、天井からのゴッキー落下を常に警戒しながらのシャワータイムでした。)

・トッケー、トカゲの類も少ないので爬虫類のウンコ掃除がラク

 

ちなみにこの日は、新しいパフォーマンスのお披露目の場でもあって

毎度のごとく、カミナリ親父とPOLARIX(ポラリックス)のみんなは

ギリギリまで試行錯誤しながら

POLARIX(ポラリックス)らしい、高品質のパフォーマンス」

を追求し、朝から晩まで練習に励みました。

f:id:rena19811026:20170711174558j:plain

カミナリ親父とPOLARIX(ポラリックス)の合作は、最終的にとても良い感じになります。

誰より「POLARIX(ポラリックス)らしさ」を解っているのは、カミナリ親父なので

みんなも、カミナリ親父の言わんとしていることをすんなり理解できます。

いつも、出来上がるのがギリギリになってしまうんですけどね・・・

全員が「夏休みの宿題は最終日にまとめてやるタイプ」なので。

 

そして、夜遅くまで練習をしたみんなはとてもテンションが高く

寝る直前まで大騒ぎで、私はソッコー自室に避難。

 

↓リンは、イベント参加者に賞品授与の役目も果たしました。

f:id:rena19811026:20170711174624j:plain

みんなが大きくなった街、シェムリアップ。

私たちとみんなが出会えた街、シェムリアップ。

みんなのことを、ゼロから応援してくれた人がいる街、シェムリアップ。

私とカミナリ親父が「人間と人間」について学んだ街、シェムリアップ。

楽しくて、温かくて、少し寂しい想い出が眠る街、シェムリアップ。

f:id:rena19811026:20170711174653j:plain

f:id:rena19811026:20170711174714j:plain

f:id:rena19811026:20170711174843j:plain

f:id:rena19811026:20170711174935j:plain

f:id:rena19811026:20170711175001j:plain

f:id:rena19811026:20170711174902j:plain

f:id:rena19811026:20170711175029j:plain

観に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

POLARIX(ポラリックス)も、私たちも

故郷・シェムリアップで、成長した姿を見せられるように頑張ります!

 

↓ノリのお兄ちゃんは、POLARIX(ポラリックス)の大ファン!久しぶりの再会。

f:id:rena19811026:20170711175307j:plain

シェムリアップ時代も、

まだ無名だった弟&その仲間たちのパフォーマンスをいつも観に来てくれていました。

この日は、ノリのお父さんも、ノリの歌声を聴きにきてくれました。

 

私がシェムリアップでお世話になった、大好きな小学生の女の子とお母さんも

みんなの応援に駆けつけてくれました。

彼女は、みんなのファン、第一号。

恥ずかしがり屋さんの彼女の、まっすぐな応援

どれだけみんな(私もカミナリ親父も) 嬉しいか

別れ際、なんだか寂しくてまた涙・・・

 

↓他にも、ちびっこファンができた様子!

f:id:rena19811026:20170711175554j:plain

 

コンとノリとシェムリアップ行きのナイトバスに乗る直前まで

私は、シェムリアップ行きに怖気付いていました。

シェムリアップに、ヘアンがいるからです。

 

もはや私の中にヘアンを憎む気持ちはなく

以前にも書きましたが、ただただ、幸せを願っています。

 

でも、ヘアンはそうではないだろう

私のことを憎んでいるかもしれない

 

一緒に住んで、プノンペンに発つ前日も、

シェムリアップの旧CSAの床で一緒に眠った、家族同然だったヘアンに

憎まれているんだろうという悲しさ

シェムリアップに着いたら、イヤでもその悲しさと向き合わなくてはならないことに

怖気付いていました。

 

でも・・・バスに乗る直前

私が日本で働いていた頃、私にフルートを習いに来てくれていた二人の若い女性が

私を助けてくれたのです。

 

「昔、お世話になった先生へ」

と書いてくれた二人のFacebookの投稿には

以前、私が日本で演奏した、美空ひばりさんの「真っ赤な太陽」を演奏するフルートの音色

二人が、私の演奏を思い出して、この曲を演奏してくれたものでした。

 

そして、その投稿を皮切りに

懐かしい同僚たちや、他の生徒さんからのメッセージ

 

大山さん(←私の旧姓)

辛いことがあっても、そのまま貫いて

大丈夫

 

私がすごく落ち込んでいたとき

先生がこの曲を演奏してるのを聴いて、私はパワーをもらえた

だから、恩返しです

 

離れていても、忘れてないよ

ずっと応援してるよ

 

あー、私はなんでバカなんだろう

落ち込んだり、辛い気持ちになったりするのは、私だけじゃない

そんな当たり前のことを忘れて

なんでカンボジアに来たんだろうなんて考えたりして

なんて、なんてバカなんだ

 

私は、ナイトバスの中で

Crystal Kayの“恋におちたら”をイヤホンで聴きながら

奥二重の目が一重になるまで泣き続けました。

(レナは目が小さいと、カミナリ親父やPOLARIXによくバカにされますが、さらにsmallな瞳に!)

この歌は、単なる恋愛ソングじゃないんだなぁ

 

 

こっそり泣き続ける私の近くでは

次男(仮)のコン、そして四男(仮)のノリが

「眠れない」「寝れるだろ、じっとしてろや」

「レナは何処に寝てるんだ」

「みんなバラバラの座席だから写真が撮れねーじゃねーか」

というやり取りをチャットでしていて

 

私のこれまでの世界が、一直線に繋がった夜でした。

 

 

 

Rena