スーパースターへの道 in カンボジア

スーパースターへの道 in カンボジア

カンボジア次世代のスーパースターPOLARIX(ポラリックス)、世界への挑戦状

人生は、アイスクリーム

前回のブログを書いてから今日まで

いろんな事がギューと詰まって、あっという間に時間が過ぎました。

 

まずは、カンボジア正月で街がカオスになっていて、

水やらベビーパウダーやらをお互いにかけまくり

生まれてこのかた、そういった「ハイテンション」を持ち合わせていない私は

水をかけられてはイライラし

ベビーパウダーを顔に塗りたくられては怒りに震えていました。

 

カミナリ親父には

「もうちょっとこういう祭り事を楽しめるようになった方がいい」

と言われたし、若い頃は、そういう人間になりたいと思っていたこともあったけど

もういい

私は私 (歳をとると、こうして図々しくなっていく)

 

 

それから、我が家の周辺では、ニョロニョロ(幼虫、ですが、そう書くと気持ち悪いと感じる方もいると思うので)が大発生。

ちなみに、ニョロニョロ大発生は、毎年恒例です。

POLARIX(ポラリックス)の女子たちは、ニョロニョロが大嫌いで、

数日間は「ぎゃああああああ」と、外に出るたびに大騒ぎ。

ゴキブリは大丈夫なのに、ニョロニョロはダメっていう意味がわかりません。

ちなみに私、このニョロニョロについては意外と冷静に対処できます。

頭にニョロニョロが落ちて来なければ大丈夫。

自転車走行中に、ニョロニョロが脚に落ちて来ても、問題なし。

 

なぜなら数日後には、このニョロニョロは美しい黄色いチョウチョになるからです。

 

家の外にある机、家の中の椅子、みんなのバイクにニョロニョロは這って行って、

サナギになります。

そして数日後の朝には、たくさんの黄色いチョウチョがヒラヒラと空を舞っています。

 

 

私が、怒りに震えながらも、なぜカンボジア正月に街まで繰り出したかというと

そう、前回のブログにも書きましたが

 

blog.cambodiastarsacademy.com

 

POLARIX(ポラリックス)のみんなが

シェムリアップの中心・パブストリートでのコンサートに出演したからです。

 

お正月のコンサートは3日間にわたって行われ、

毎晩、パブストリートには息が詰まるほどのお客さんが集まります。

 

POLARIX(ポラリックス)のメンバーは、初日は前半に出番があったのですが

メンバーたちのパフォーマンスのクオリティーが認められ

2日目には中盤、最終日はなんとほぼラストバッターとして出演しました。

しかも最終日には、

カンボジアの若者に大人気の2大トップスターであるローラ・モンさんとクミン・クマエさんが

特別にPOLARIX(ポラリックス)のことを紹介してくれたのです。

ローラ・モンさんが突然、私の耳元でこう言ったのです。

「私に個人的にPOLARIX(ポラリックス)のことを紹介させて。

あなたたちのパフォーマンス、本当にサイコーよ!!」

 

“シェムリアップの皆さん、こんばんは!

今晩もニューイヤーコンサート、楽しんでくれている?

みんな、私たちのことは知っているでしょ?
そう、ローラ・モンとクミン・クマエね!

でも今晩は、もうひとつ紹介したいクルーがいるのよ!

みんなの地元、シェムリアップ出身のアーティストなのよ!

 

それでは、どうぞ

最高のクルー POLARIX(ポラリックス)

 

ローラさんとクミン・クマエさんに導かれ

メンバーたちは舞台へと駆け上がって行きました。

f:id:rena19811026:20170425163805j:plain

f:id:rena19811026:20170425163901j:plain

f:id:rena19811026:20170425164035j:plain

f:id:rena19811026:20170425164100j:plain

f:id:rena19811026:20170425164155j:plain

f:id:rena19811026:20170425164253j:plain

f:id:rena19811026:20170425164353j:plain

f:id:rena19811026:20170425164415j:plain

f:id:rena19811026:20170425164521j:plain

f:id:rena19811026:20170425164555j:plain

 

POLARIX(ポラリックス)のパフォーマンス後

一瞬、シーンとなった会場から、聞こえてきました

夢に見た、あの声が

 

「POLARIX(ポラリックス)!!! POLARIX(ポラリックス)!!!」

 

POLARIX(ポラリックス)のメンバーは、

POLARIX(ポラリックス)コールが湧き上がる会場に

元気いっぱいの笑顔で頭を深々と下げるのでした。

 

舞台裏に戻ったみんなは、冷めやらぬ興奮の中、

いつもの円陣を組んで雄叫びをあげた後に

くるりと私たちの方を向いて、皆でこう言ってくれた

 

「ケン、レナ、本当にありがとう!!!」

 

そして、Juvie Lin(リン)がギューと私を抱きしめてくれました。

さらに、Kong Jubi(コン)がカミナリ親父に抱きついたのです。

「俺の夢が、かなったよ!!!」

 

POLARIX(ポラリックス)の男子たちは、動物の本能で

カミナリ親父に対して「この人にうかつに近寄ってはいけない(危険)」

と感じています。

でも、この時ばかりは、コンは自分の感情が本能に勝ったのでしょう。

カミナリ親父は、そんなコンの肩をトントンと叩きました。

ゼロから一緒にスタートして、信じてついてきてくれた、コン。

 

この時に撮った映像を、これまでお世話になったたくさんの方へ送りました。

その中から、三代目ダンス講師・ナス先生から頂いたコメントをご紹介します。

 

リンはスター気質が爆発してますねー!
うん!まさにスター!
あんなに踊って歌えて見た目も良いってすごいですよ!

コンはダンスが更にたくましくなりましたねー
熱い気持ちを感じるダンスが良いですねー
あの腰でこんなに立派に踊り続けれてて
嬉しいです♪♪

ヘアンは癖がある動きが治りましたね!笑
んでリズムキープ出来てる!!!すごい!!
それと色気がある女性になりましたねー

ティー!リズムが取れてる!タイミングずれてない!
ダンスに自信がついたんですねー
踊りから変な照れがなくなりましたねー

キンもしっかり踊れてるし、しっかり人間としての意識が芽生えてる感じに見えます!
やっぱりどことなく昭和顔ですけど。笑

タタもダンス上手くなりましたねー
タタはねー
やっぱり可愛いです♪笑

ノリも身体が強くなりましたねー
心が開いて踊れるようになりましたねー
嬉しい

新しい子は…わからないっす。笑


ほんまみんな成長しましたねーーーー

 

 

 

お正月の大爆発コンサートの後

みんなはもう一本、大きな仕事で首都プノンペンへ。

 

この舞台をもって、Tata(タタ)のラスト・ダンスとなりました。

 

 

blog.cambodiastarsacademy.com

 

ショーを終えたタタと、残りのPOLARIX(ポラリックス)メンバーたちは

汗まみれで、お互いに涙をこぼしながら、抱き合っていました。

控え室に、みんなの嗚咽が漏れます。

 

最後に、タタは私とカミナリ親父のところにもやって来ました。

私たちも、もちろん、既に涙ぼろぼろ

 

「レナ」

タタがギューと私に抱きつきました。

小さなタタが、私の胸で声をあげながら泣きじゃくります。

私もギューとタタを抱きしめました。

「タタ、今までありがとう」

タタは、大きな声で泣きながら、こう言いました。

「レナ・・・Su Su(頑張れ、頑張れ)」

「うん・・・タタもね。Su Su(頑張れ、頑張れ)」

 

最後に、タタはカミナリ親父にも抱きつきました。

お互いに泣きながら抱き合うタタとカミナリ親父は、本当に親子のよう。

また大きな声で泣きながら、タタはこう言いました。

「ケン・・・Su Su(頑張れ、頑張れ)」

「うん、タタもね。頑張れよ・・・」

 

愛しているよ

f:id:rena19811026:20170425172741j:plain

 

 

タタのラストダンス数日前、コンが私たちの前で駄々をこねました。

なんとかタタをPOLARIX(ポラリックス)に残して欲しいと。

たくさんの子供みたいな言い訳を作って、コンはタタを残して欲しいとワガママを言いました。

 

私たちは、なぜタタが残れないのかを説明して、コンはしぶしぶ納得しました。

 

後で部屋を覗くと、コンは泣きながらベッドに転がっていました。

 

「コン、ごめんね」

 

私はこの時、初めて自分からコンを抱きしめました。

コンは泣きながら、こう言いました。

「わかってるんだ、本当は」

 

この夜、カミナリ親父が乱暴にコンの部屋の扉をノックしました。

ドンドン!!ドンドン!!

恐る恐る扉を開けたコンに、カミナリ親父が手渡したのは

コンの大好きなアイスクリーム(笑)

 

コンから、メールが来ました。

「俺は今日、本当の人生の意味がわかったよ。ありがとう!」

 

 

子供のクセに、何言ってんだ

 

 

 

Rena