スーパースターへの道 in カンボジア

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパースターへの道 in カンボジア

カンボジア次世代のスーパースターPOLARIX(ポラリックス)、世界への挑戦状

スーパースター

朝、起きて 顔を洗っていると

階下からガチャガチャと家の鍵を開ける音がして

カーテンを開ける音がして、朝日が差し込む気配がして

カンボジア語の音楽が聞こえてきて

King(キン)がご機嫌に歌い始めます。(音痴!!)

キンの音痴な歌声で、家の住人たちが目を覚まします。

Haru Heang(ヘアン)Kong Jubi(コン)Lux(ロイ)

ヘアンの親友・ソリヤ、ヘアンのお姉さん・・・・

あららー、今日もまた、いろんな人と一緒に夜を明かしたんだわ

 

部屋から寝ぼけまなこのカンボジア人が次々と出てくるのが、なぜか可笑しくて

一人で笑いが止まりません。

 

 

・・・いつもなら、この辺で「応援よろしくお願いします」という一文が入るのですが

この度、この「POLARIXCREW(ポラリックスクルー)世界への挑戦状」ブログは

カンボジアの日本ブログ村ランキングから外すことにしました。

 

こんな私の拙いブログを、いろんな方が読んでくださって、応援してくださって

日本ブログ村ランキング1位も一瞬だったけど獲ることができて

本当に有難いことだし、良い記念になりました!

たいした能力も無いのに欲深き私は、毎日、ランキングの順位が気になる始末。

 

POLARIXCREW(ポラリックスクルー)のみんなのアホな日常は相変わらずだけど

その反面、スターの道を確実に歩み始めました。

 

夢に向かって突き進むPOLARIXCREW(ポラリックスクルー)に敬意を表し

私も成長したいと思います。とりあえず、煩悩から離れよう(笑)ということで

脱・ランキングしてみました。

 

これからも、おそらく私は様々な煩悩と共にあると思うのですが

せいぜい、真っ直ぐPOLARIXCREW(ポラリックスクルー)を見ていたいと思います。

今後とも応援よろしくお願い致します。

 

それでは、今週後半のPOLARIXCREW(ポラリックスクルー)です。

 

水曜日、私たちとメンバーは一緒に映画を観に行きました。

観た映画は「君の名は。」

そう、言わずと知れた日本映画!

現在、クメール語の字幕つきで映画館でやっているとう情報を入手して

みんなで観に行きました。

 

日本人の感想は、すっごく良かったです。

切なくて、悲しくて、美しくて、キュンとする話でした。

何より凄いと思ったのが、リアルな東京の景色・・・

「君の名は。」はアニメーションですが、日本にいた頃は毎日乗っていた山手線や

就活していた時によく行ったからか?カンボジアに来る直前にちょっと働いた場所だからか?

あまり好きじゃない街・新宿の高層ビル

本当にリアルで、懐かしい気持ちと苦しい気持ちに挟まれました。

もちろん、田舎の自然の描写もめちゃくちゃ綺麗で、日本人ってすごいな!と感動

 

ストーリーも日本人にはたまらない展開でしたが

ふと、POLARIXCREW(ポラリックスクルー)のことが心配になる

みんな、この話の流れ、わかってるだろうか・・・

 

ちらっと皆のことを見ると

キンが身を乗り出してスクリーンに見入っていました。

ああ、良かった。キンさん、寝てない。ちゃんと観てる。

 

映画終了後、みんなに感想を聞いてみました。

「今日の映画、どうだった?」

「なんで男と女の中身が入れ替わるのかが、全然わからなかった!」

そう、キンが身を乗り出してスクリーンに見入っていたのは

「なんで、男と女の心が入れ替わったんだ!?」

という謎に、真剣に取り憑かれていたからです。

 

「でもさ、どうする!?明日、私とコンの心が入れ替わってたら??きゃははは」

はしゃぐヘアン姉さん

 

違う、そうじゃない。この映画の大事なとこは「男女入れ替え」じゃないのよ。

 

 

 

「君の名は」鑑賞の次の日はJoss Stoneさん のコンサートに行きました!

 皆さん、Joss Stoneさんってご存知ですか?

恥ずかしながら、私もPOLARIXCREW(ポラリックスクルー)も彼女のことを全く知らなかったのですが

実は、スーパースターです。本物のスーパースターです。

イギリス出身で、グラミー賞も受賞していて、ヨーロッパやアメリカでは本当に有名な方なのだそうです。

ぜひ、Joss StoneさんのWikipedia、ご覧ください↓

ジョス・ストーン - Wikipedia

 

ちなみに、POLARIXCREW(ポラリックスクルー)は有難いことに、このコンサートに招待して頂きました。

本来なら高いお金を払って行くべきコンサートだったのですが

・Nikki Nikkiさん

・ローラモンさん(中央)↓

f:id:rena19811026:20170304183940j:plain

 

・クミンクマエさん(メガネの男性)↓

f:id:rena19811026:20170304184041j:plain

という今をときめくカンボジアのスター達と共に、招待して頂いたんですよ〜!

 

Juvie Lin(リンさん)とコンさん↓

f:id:rena19811026:20170304184309j:plain

すごいでしょ❤️

 

素敵なホテルで、ショーが始まるまでくつろぎます。

ウェイターさんが次々にワインやソフトドリンク、オシャレなおつまみを持ってきてくれる・・・

ガツガツ食べて、ゴクゴク飲んで、セレブ気分を堪能した後

メンバーたちは飽きてきて、ホテル内で遊び始める・・・

ホテルの扇風機で「ワレワレ ハ ウチュウジン ダ」ってやってるよー

 

さんざん待たされてJoss Stoneさんのショーが始まったワケですが

世界を制したスーパースターのショー、圧巻!!!

私たち、誰も彼女のことを知らなかったのに

「まだ始まらないのー!?」なんて言っていたのに

彼女の歌声・パフォーマンスに一瞬で恋に落ちました。

プロのシンガーって、こういう事か

プロのパフォーマンスって、こういう事か

プロの立ち振る舞いとは、プロのクオリティとは

Joss Stoneさんは、彼女の身体ひとつで

そのコンサート会場にいた全ての国籍の全ての人を

ハッピーにしてしまった。

彼女の虜にしてしまった。

 

みんなにとって、「スーパースター」を肌で体感する素晴らしい機会となりました。

f:id:rena19811026:20170304184410j:plain

f:id:rena19811026:20170304184523j:plain

 

POLARIXCREW(ポラリックスクルー)のみんなは今朝、プノンペンへと旅立ちました。

パフォーマンスの依頼があり、明日の本番に備えて前日入りです。

今回、私はお留守番。

今朝、下痢ピーになってしまったTata(タタ)が、私にヒソヒソと耳打ちします。

「私、レナのことが恋しくなると思う。お腹が痛い時だけ、私、ママのこと思い出すんだ。」

「なるほど・・・お腹が痛い時だけね・・・」

 

 

あなたが、私を思い出さないことを願ってる

 

頑張れ、お腹ピーピー娘

 

Rena

 

オフィシャルサイト】
http://www.csaland.com/polarixcrew_japan/
【ファンクラブ会員 大募集中です!!】
https://camp-fire.jp/projects/view/15611?token=1ei34izs