スーパースターへの道 in カンボジア

スーパースターへの道 in カンボジア

カンボジア次世代のスーパースターPOLARIX(ポラリックス)、世界への挑戦状

ある寒い日

こんにちは、レナです。

 

 

昨晩、本当に何年ぶりかの徹夜をしました。

今、猛烈に眠いです・・・

 

前にも書いたことがある気もするし

どうでもいいインフォメーションなのですが

私は睡眠をじゅうぶんに取らないとやっていけないタイプです。

時々、1日3~5時間の睡眠でじゅうぶん!という方にもお会いしますが

本当に信じられないし羨ましい!

私はやっぱり8時間は眠らないと、食後に酷い睡魔に襲われます。

大人になると、いくらカンボジアといえどなかなか8時間は眠れないですよね~

 

中学や高校生の時も、徹夜で試験勉強が出来ず(試験中に眠くなるので)

計画的に勉強する(しかない)タイプでした。

だから昨日は本当に数年ぶりかの「徹夜」だったわけで

今なら瞬殺で眠れます。

 

 

POLARIXCREW(ポラリックスクルー)を応援してくださる方、クリックお願い致します☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 

なぜ徹夜をすることになったかというと

今日からPOLARIXCREW(ポラリックスクルー)のメンバー

 

怒涛のパフォーマンスラッシュ!!!

 

本日を皮切りに、4月半ばまで予定ギッシリ(今のところ)

 

POLARIXCREW(ポラリックスクルー)のみんな、一丁前に大忙し!!!

 

で、今日はカミナリ親父とPOLARIXCREW(ポラリックスクルー)の初コラボ

ChubMetコンサート

f:id:rena19811026:20170215181920p:plain

のオープニングを飾る

 「プロジェクションマッピング」でのフラッシュモブが行われるのですが

カミナリ親父のプロジェクター設定やら映像作りが全く間に合わず

 

「はい、決まり!今晩、俺とレナはここで野宿!!!」

 

※注

「出来ません」と言わないのがカミナリ親父のポリシーらしい。

どんなに時間がなくても「出来ません」と言わないので、後々、大変なことになる。

周りも、大変なことになる。

 

 

超高級プロジェクターと共に、野外で徹夜する羽目になったのです。

そう、私は、巻き添い。

 

ああ・・・35歳にもなってまさか野宿することになるとは・・・

 

35歳で人生初のいきなり野宿を決行する運びとなった我々に、

 POLARIXCREW(ポラリックスクルー)メンバーたちもビックリ仰天。

 

バイクを飛ばして家に戻り

コーヒーメーカーやらカップ麺やら上着やら香取線香やら

気を利かせてありとあらゆる「野宿対応の品」を持って来てくれました!

 

みんなでカップ麺をすすり、コーヒーを飲んでいると

ご近所の知らないイタリア人の方がケーキを焼いて持ってきてくれて

みんなで貪るように食べました。

 

「さあ、食べ終わったらみんなは帰って寝なさい。

みんなは、明日パフォーマンスがあるんだから。」

 

 

「うん・・・」

 

みんなはモジモジしてなかなか帰ろうとしない

 

「ほら、帰って帰って!休むのだって仕事なんだから」

 

 

そうして、何人かは申し訳なさそうに「おやすみ」と帰っていきました。

 

 

でも、Kong Jubi(コン)King(キン)だけは、帰らない

「帰りなさい」

「後で」

「帰りなさい!」

「後で!」

 

頑なに帰ることを拒む二人に、カミナリ親父もとうとう諦めました。

「勝手にしなさい」

 

 

二人は、カミナリ親父の仕事を手伝い始めました。

 

もうちょっと右、いや、もうちょっと右だ

これじゃまだ詰めが甘い

もっとプロジェクターの角度をあげろ

 

先日、高級ホテルの高級レストランでナイフをグーで握りしめていた二人とは別人

二人はこういう時、本当に頼りになるんですよー

 

f:id:rena19811026:20170218010806j:plain

夜が更けてくると気温がどんどん落ちて、寒くなります。

(日本の寒さとは比べものにならない)

 

やがてキンが力尽きて眠り始めました。

続いてコンもその辺にあった、ありったけの布をかぶって寝始めました。

 

二人の寝顔を見ていると

大きな大きな息子が、急に、小さな小さな息子に見えてきて

パフォーマンス本番のことを抜きにして

「頼むから、風邪ひいたりしないでよ」

と心から願える

 

 

寒くて寒くて(日本の寒さとは比べものにならない)、みんなでくっついて仮眠を取りました。

 

 

夜が明けると、Juvie Lin(リン)Van Norith(ノリ)が急いで私たちを迎えに来てくれました。

35歳で徹夜をすると、ビックリするほど顔老けます。

二人はそんな私たちを見て苦笑いしながら「帰ろう」と

 

 

家に帰ると、家じゅうがピッカピカになっていました。

Haru Heang(ヘアン)T(ティー)Lux(ロイ)Tata(タタ)が上から下まで

綺麗に掃除していました。

全員、鼻歌を歌いながら・・・

 

 

 

みんな、

これからきっと

みんなの周りの環境がどんどん変わっていくかもしれない

家族や友達と会う時間も減っていく

 

カンボジアの気温と共にどんどん周りの熱気も上がっていく

 

でも、今日のような寒くて何だか心細くて

家族や仲間のことを想いながら過ごした日のことを忘れずに

 

f:id:rena19811026:20170218011042j:plain

↑キンを踏み台にしてプロジェクション・マッピングの準備を進めるカミナリ親父

 

カミナリ親父とPOLARIXCREW(ポラリックスクルー)の初コラボレーション

プロジェクション・マッピングは、大成功を収めました!!

 

 さあ、明日もパフォーマンス!

今日はみんな、ベッドで寝ようね・・・

 

Rena

  

【オフィシャルサイト】
【ファンクラブ会員 大募集中です!!】