スーパースターへの道 in カンボジア

スーパースターへの道 in カンボジア

カンボジア次世代のスーパースターPOLARIX(ポラリックス)、世界への挑戦状

サウナで蒸されるその前に

CSAを応援してくれる方は、クリックお願いします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 こんにちは、Renaです。

昨晩、私はPOLARIXCREWのメンバー数名と共に「サウナ」へ出かけました。

私たちが住んでいる街、シェムリアップは、日本に比べればそれはそれはど田舎で

POLARIXCREWのメンバーたちの家には洗濯機はないですし

シャワーも温水じゃないどころか、殆どの子はでっかい壺から“水浴び”してますし

ティーの家なんかは雨が降る度に冠水します。(およそ3日に1ぺん、冠水)

 

それでも、シェムリアップの街は日々進化していて、オシャレなお店もいっぱいできています。

昨日行った「サウナ」も、日本クオリティとはいきませんがとても綺麗で、

みんなで思う存分サウナに蒸されたのでした。

まさか、シェムリアップで皆とサウナに入る日が来るとは思ってなかったなー

 

Cambodia Stars Academyから誕生したダンスグループ「POLARIXCREW(ポラリックスクルー)]

f:id:rena19811026:20160820195833j:plain

 

彼らは、カンボジアの人たちが誇れる、そして憧れる

本当の「スーパースター」を目指しています。

 

短い期間で彼らなりに成長してきましたが、

今後はさらに一致団結して頑張っていかなくてはならない局面が、彼らに訪れます。

 

それにあたり、先日、私とメンバーみんなで「意思確認」を行いました。

 

“あなた達は、POLARIXCREWとして覚悟を決めてやっていけますか?”

 

遊びじゃない、決まり事もいろいろ守らなくてはいけない、

辛い事も面倒くさい事もある

でも簡単に辞められない

[結婚]みたいなもの

覚悟できる?

 

 

みんなの返事は「うん、オッケー!!」

あー、よかった

まぁ、そうだよね もちろんオッケーだよね!

 

私は嬉しかった。

 

しかし次の日・・・・

 

ミッキーが、私を呼び出しました。話があると。

 

「レナ、昨日の“POLARIXCREW”として覚悟してやってけるかって話なんだけど、

あまりに皆が簡単にオッケーなんて言うから、俺、おかしいと思って

メンバー1人1人と面談したんだよ。そしたら・・・」

 

・POLARIXCREWとしてずっとやっていけるかなんて、よくわかんないよ〜。

・俺、1人で好きなスタイルで歌えないってことかなぁ〜?

・俺のやりたいこと、ダンサーだけじゃないし。歌とかラップとか、やりたいし。

・あのPOLARIXCREWのメイクが面倒くさいよー

 

などなど・・・メンバーのみんな、本当はそんな事を思っていたのだという事が判明

ちゃんと説明したのに

みんなの夢を絶対、一緒に叶えるって約束したのに

私たちのことを信じてくれてなかったんじゃない

 

私、めちゃくちゃにショックでした。

 

みんなと自分たちとの信頼関係

カンボジアに来て、カンボジア人との間にいろいろ嫌な事もあって

それでも皆とは信頼し合えるようになった

皆のおかげで乗り越えられたと思ってたのに

 

なんだ、私の思い違いだったんだ

みんな、表面だけ調子の良いこと言って

裏ではそんな事言ってたなんて

 

ミッキーの前で、私はガックリ崩れ落ちました

ミッキー、貫禄あるけど一回り以上も歳下

こんな歳下ボーイに、こんな事を報告されるなんて

こんな歳下ボーイの方が、みんなの気持ちを先に察してたなんて

 

私は悲しいやら情けないやら悔しいやらで、

またやっちゃいました

後先考えず、みんなにめちゃくちゃ怒ってしまったんです。

 

私は本当に悲しい

ケンのこと、IMOのこと

陰でサポートしてくれる人のこと

全部忘れて、自分がカッコよく見えることばっかり考えて

なんで信じてくれないの

今までのこと、全部忘れちゃったわけ?

 

人の事も考えられないで、自分ばっかり格好つけていたいなら

他のプロダクションでも何でも行けばいい

 

もう一回、POLARIXCREWとしてやっていけるかどうか

明日までに、よーく考えてきなさい!!

 

実はこの日

私たちは「みんなでサウナに行こう!」と盛り上がっていました。

ブチ切れてた私も、実はもう水着を着てて、サウナで蒸される気満々でした。

でも、もちろんこの日のサウナ行きは消滅

 

私に怒られた皆は、肩を落としてションボリ家路へ

私も部屋にこもり、1人で涙(おばさん、泣いてばっかり)

 

すると、コンがやって来ました。

私の肩にポンと手を置いて、にっこり笑って

「レナ、俺、今晩はどこにも行かずにずっとCSA(つまり私の家)にいるからな」

一回り以上も歳下のあんたに励まされる程、落ちぶれてないし!!

 

ミッキーもやってきました。

「レナ、大丈夫?

でもさ、わかってやってよ。みんな、レナたちの事を信じてないわけないだろ。

みんなまだ子供だから、よく解らないまま“OK”って言っちゃっただけんだよ。

レナたちの事を信じてるから、OKってとりあえず言っちゃったんだよ」

一回り以上も歳下のくせに生意気なこと言って・・・

でも・・・確かにミッキーの言う通りかも??

 

階下からは、キンの声

「レナ、もう寝たかな?レナが寝れたなら、帰ろうかな」

あんただけには面倒みられなくない

 

そして

「レナさん、私だって悲しいよ。

ごめんね、私がもっとしっかり皆の面倒みられたらこんな事にはならなかったよね」

一回り以上歳下のカンニャが、優しく私に寄り添ってくれるのでした。

 

 

 

次の日

 

「昨日は、急に怒って泣いたりして、皆びっくりしたよね。すみませんでした。」

 

一回り以上歳下の皆のおかげで、私はちゃんと皆に謝ることができました。

そして、ちゃんと一人一人と話をしました。

 

 

・リン

何で「POLARIXCREWで覚悟してやっていけるか」って聞かれたか

ちゃんと解りました

俺、もちろん信じてます

だって俺の夢はケンになる事なんだから

 

・ノリ


俺、信じてる

ケンたちの夢が、俺の夢と同じだって

信じてる

 

・ティー


ケンちゃん、俺にダンスが出来るボディビルダーになれって言ったんだ

俺、そうなるよ

それに・・・ケンちゃん、俺がいないといろいろ忘れ物しちゃうし

 

 

・ヘアン


信じてなかった時間なんか、無いわよ

だって・・・私のお父さんとお母さんじゃない、私の家族じゃない

ずっと一緒よ

 

・ソヒャップ


きゃはっ❤️ 今日、アタシのお手製のレモンティーを皆にふるまっていいかしら?

 ※彼・・・いや、彼女は大丈夫。俺と面談した時も何も問題なかった。(by ミッキー)

 

・ロイ


※ロイの顔を見るとカンニャは笑いが止まらなくなる。

私もつられて笑いが止まらなくなる。

ミッキーがギリでこう言い放つ

「お前はそのまま、突っ走れ」

 

・ソリヤ


※現在、高校卒業試験中で不在。

明日からまた練習に戻りまーす!!

明日は水曜日だから休みよ。

 

・コン


俺に聞くことなんか、何もないだろ

俺はPOLARIXCREWのリーダーだ

 

 

・キン

 

 

※キンも、何も問題なかった 「Yes」とだけ答えたよ(by  ミッキー)

POLARIXCREWでずーっと一緒にやってくよ、その代わり

Reiさん(キンが恋している、カミナリ親父の妹さん)と結婚したいんだけど

いいかな?

 

それは無理

 

f:id:rena19811026:20160823211742j:plain

 

また一緒にサウナに行こうね

 

Rena

 

 

  

 

☆公式HP☆

20160427212213