スーパースターへの道 in カンボジア

『星』に手を伸ばせ!!たとえ届かなくても in カンボジア

オカマ犬“さそり”が見つめる、スーパースターを目指すカンボジアの若者たちの青春

CSA・雨季の始めの個人面談

CSAを応援してくれる方は、クリックお願いします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 こんにちは、Renaです。

どうでも良い話なのですが、

夏休みの宿題を先に済ませるタイプでしたか?

それとも、ギリギリにご家族を巻き添えにしてやるタイプでしたか?

 

私は、先に済ませるタイプでした。

面倒くさい事を後に残しておくと、毎日をエンジョイできないんです。

 

世間知らずだった私は、世間一般として、夏休みの宿題は先に済ませるものであると

勝手に定義付けていたわけです。

夏休み最後の日に、家族に手伝ってもらって宿題をするヤツなんて、

ちびまるこちゃん、カツオくん、のび太くん・・・それくらいかなと思っていました。

 

ところが、カミナリ親父に会って、

そういうヤツが実在するんだとわかり(家族に宿題を手伝ってもらった事を自慢気に話す)

CSAのみんなも、おおよそそういうヤツの集まりなのだという事がわかりました。

 

宿題を最後の日まで残しておくなんて、信じられない!と思いつつ・・・

どこかでそういう人に憧れている私です。子供の頃から。

 

昨日のパフォーマンス前の一枚↓

ノリはこのメイクのせいで、お母さんに

「あんたはいつの間にゲイになったんだ」

と問われたそうです。

f:id:rena19811026:20160522212506j:plain

一昨日のパフォーマンスは、いろいろあったけれど無事に終わりました。

パフォーマンスのお仕事を依頼してくださったお二人に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

そして、パフォーマンスが終わってホッとする間もなく・・・・

昨日は、恐怖の「個人面談」が実施されました。

①あなたの良い所

②あなたの悪い所

③なぜCSAにいるの?(ミッキーの考えた質問事項です)

 

個人面談を行った順にご紹介します。

ティーは体調不良でお休み。まったく、しっかりしてっ!

 

•ノリ

①リズム感抜群。ランニング超速い。声も最高。

②身体がひょろい。好き嫌いが多すぎる。下半身弱い。子供っぽいところがある。ピッチ取れない。

③俺の夢を叶える場所だから。

ノリはまだまだ子供みたいなとこがあるけれど、とても変わりました。

以前のように「でも・・・・でも・・・」と言い訳をしません。

彼の代名詞だった「あまのじゃく」が、少しずつ剥がれていきます。

 

・キン

①面白いところ、なんでも修理できるところ(仕上がりの良し悪しは別として)、一緒にいて楽しいところ

②何も考えてない。とにかく、何も考えてない。

③楽しいから。

キンは、キンなりに成長しています。

ゴリラだったのが、猿人に。猿人だったのが、人間に。

人間としての第一歩を、最近は踏み出せた気がするのです。

今日も、個人面談に初めてノートを持って来ました。何も書いてなかったけど。

 

・リン

①ダンスのセンス抜群。リズム感も良いし、なんだってスマートに、スピーディーにこなせる。

②実は気持ちが誰より弱い。本当の自分から目を背けるために、格好つけたり、格好良い言葉を並べたりしている。

健康管理がなってない。

③俺の夢を叶えられるし、俺のやりたい事を全部、学べるから。

実は、今回の個人面談、リンに②を伝えるために実施したようなものなのです。

せっかく、たくさんの才能に恵まれ、容姿端麗なリンだからこそ、心も強くなって欲しい。

弱い自分を受け入れられる、強いリンになって欲しい。

 

・ヘアン

①頑張り屋さんなところ。優しいところ。誰もをハッピーにする笑い声。

②時間にルーズ。時々、優しさを勘違いしてしまう。人に何でもやってあげる事が、優しさではない。

③はじめは、ダンスや歌を習いたいって気持ちで来たけれど、今は何もかも変わった。CSAに来て、私の全てが変わった。考え方、生き方、夢・・・私はCSAを次の世代にも繋げたい。どんなにお金を積まれたって、CSAから離れたりしないわ。

もはや、ヘアンは私にとって「仕事仲間」の域を越えています。同棲しちゃってるので。

ヘアンとの同棲生活は快適で、いつかは出て行ってしまうんだねぇ、寂しいねぇ・・・と、

いつもカミナリ親父と“ヘアンがウチから出て行く日”を覚悟しています。

女って、大変なこともあるよね。メイクしたり、綺麗にしていなきゃいけないし。

でも、それは私たちの運命。受け入れよう。女性を楽しもう。

 

・コン

①最高のリーダーに成長した。いつでも恥ずかしがらずに何でも聞ける。

身体の具合がどうであれ、弱音を吐かず、元気にいられる。

②練習に打ち込めないメンバーに対し、怒ってしまう。怒るのは良いが、その後のケアまでして欲しい。

③・・・・

コンは、本当に成長しました。

英語が話せなかったコンですが、おそらく自身で一生懸命に勉強し、

だいたいの事は会話できるようにまでなりました。いつの間にか・・・

自分の長所も短所も、私たちが思っていた事をズバリそのまま言い当てました。

自分のことをよくわかっているのです。

③については、クメール語で話していたので詳細はわかりませんが、知る必要はない

コンは、いつだって、ちゃんと未来を見据えているからです。

 

・ソヒャップ

①女子力が高い。ピカ一です。

②ソロダンスは得意だけど、チームワークダンスが苦手。

 

いつも元気で明るいソヒャップ

ソヒャップは、子供の頃、たくさん辛い目に遭って生きてきました。

 

blog.cambodiastarsacademy.com

 

今でも「幸せ」に怯えてる。幸せなのが、怖いのだと。

男の人の大きな声に萎縮してしまうし、ずっと辛い目に遭って生きてきたから

辛い時にも、ついつい「笑顔」を作ってしまうソヒャップ。

それが「一生懸命」に見えない誤解を招いてしまう事も。

 

カミナリ親父は、ソヒャップにこう伝えました。

ソヒャップ、俺は、絶対に君をCSAから追い出したりしない。

約束する。

俺は、君に厳しく言うこともある。

でも、厳しく言うのは君にだけじゃない、みんなにもだ。

それは、レッスンだからだ。それに、出来ると思っているから言うんだ。

だからどうか、俺に厳しく言われても、怖がらないで欲しい。

悪いけど、俺は、俺のスタイルを変えるつもりはないから、

憎くて言ってるんじゃないことをわかって欲しい。

それに、いつでも笑顔でいる必要はない、本当の自分を出して良いんだ。

怒ったり、泣いたりしたって、いいんだよ

 

この個人面談の後、全員でランニングをしました。

すると、ソヒャップがコンに続いて3番手でゴールしたのです。

今まで見たことのない、苦しそうな・・・でも「男らしい」顔で、息を切らして、

倒れこむようにゴールしました。

 

「お前、やれば出来るじゃねぇか」

「はぁー!!!!苦しかったわぁー!あはーん!」

 

f:id:rena19811026:20160523181105j:plain

 

③私の夢は、スーパースター。私たちとCSAが出会ったのは、運命だと思ってる。

私たちが、カンボジアのカルチャーを変える。

私たちがやらなきゃ、誰がやるんだって、思ってる。

 

 

 

 

 

Rena

 

 

  

 

☆公式HP☆

20160427212213