スーパースターへの道 in カンボジア

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパースターへの道 in カンボジア

カンボジア次世代のスーパースターPOLARIXCREW(ポラリックスクルー)、世界への挑戦状

Mab(マップ):2016年1月に卒業

メンバー紹介

f:id:rena19811026:20151026204450j:plain

 

2015年10月 CSA加入。

 

幼い頃に両親が離婚、孤児院育ち。

CSAで最強の不器用だった。

朝から昼までピザ屋で働き、その後CSAでレッスン、その後またピザ屋の仕事に戻る、という過酷な毎日を過ごしていたが、一生懸命に努力していた。

超絶に不器用なうえにレッスンに来られる時間が少ないため、みんなから日に日に遅れを取るようになった。

しかし、それでもめげずに一生懸命に努力する姿にうたれたカミナリ親父は、CSAでサポートするから、今の仕事を辞めないか?と持ちかけた。

しかし、孤児院育ちで、孤児院から紹介された仕事に就いているマップはどうしても孤児院を裏切ることはできない。

やりたいダンスと、「義理」の間で揺れるマップだったが、最終的な結論は「孤児院でお世話になった人を裏切ることはできない」というものだった。

最後に、彼は自分が働く店のピザを持ってCSAを訪れ、

「仕事の合間に来るCSAは、大変だったけど、それでも自分はすごく楽しくて幸せだった、疲れると思ったことはなかった。CSAに少しの間だったが参加できて良かった」

という切ないメッセージを残した。

カミナリ親父

「頑張れよ」

と握手をして、マップを見送った。