スーパースターへの道 in カンボジア

スーパースターへの道 in カンボジア

カンボジア次世代のスーパースターPOLARIX(ポラリックス)、世界への挑戦状

親父の四戒

CSAを応援してくれる方は、クリックお願いします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 こんにちは、renaです。

カミナリ親父が日本に帰る前日、CSAでは「酒パーティー」を行いました。

※未成年であるタタは飲んでいません。ついでに、私も飲んでいません。

私は飲みすぎると泣くことがあるので、人前ではアルコールを控えております。

タタ

「私とレナは、お酒なんか飲まない健康な 人間なの。Healthy People KANPAI !!!

あんたたち、きっとすぐに死ぬよ!!!」

と言い放っていました。なかなかやるわね・・・

 

男子たち、酒豪であるヘアンとソヒャップ、みんなで酒を飲み、肉を喰らい、それはそれは酒パーティーをエンジョイしました。

「お前ら、次のミュージックビデオの撮影の時は、プロジェクターを使うぞ」

「ええーっ!ケンちゃん、プロジェクター買うの!?」

「おう、買うぞ。俺は金のことなんて何も気にしねえぞ!!わははははは」

「うわぁー!さすがケンちゃん!!レナ、よろしくね!!!

ここが、男子たち、全員で両手合掌、ゴシゴシごますりのタイミング。

本当にイラッとします・・・私がイラッとしているのを見て、男子たち(夫含む)がケタケタと笑っている姿がさらに私の目元のシワを濃くするのです・・・・

 

ヘアンが私の肩をトントンします。落ち着け、落ち着けー

 

「ダメダメ!!!!プロジェクターは買いません!!!」

「でもママ、これはホラ、仕事のためだからさぁ・・・・」

ケンちゃんは、良い旦那さんだと思うよ、酒パーティーしてくれるし」

「言っとくけど、ケンちゃんはね、毎晩、寝る前にピョンピョン飛び跳ねてるような夫なの。

ベッドの上やら床やらで“俺のジャンプ力は最高だ”って言いながら、ジャンプしてるんだから!

私の睡眠を妨げてるんだから!!そう簡単にプロジェクターOKって言えない関係なのっ!!!」

 

単純でおバカなみんなは、カミナリ親父が寝る前にピョンピョンとジャンプをするってだけの話で、死ぬほど腹を抱えて大笑いしました。

 

カミナリ親父がトイレに立った瞬間、みんなが真顔で私に聞きました。

「本当に、ケンちゃんは寝る前にジャンプするの?“俺のジャンプ力は最高だ”って言いながら?なんで???」

「理由は知らないけど、本当だよ。録画しておこうか?」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「That's is our boss!! それでこそ、俺たちのボスだ!!!」

「イェーイ!!!!!乾杯!!!」

 

この人たち、やだ・・・・・

 

「なんで、ケンちゃんと結婚したの?ケンちゃんの何が良いの?」

今までにも、国籍問わずこのような質問は何度も受けたことがあります。

「絶対に嘘をつかないところ、それだけ尊敬してるから」

 

blog.cambodiastarsacademy.com

 

昨年10月、CSAの古株メンバーで、女子高生3人組ユニットの一人でもあったPOXXのレヌーが、CSAを離脱しました。

 

Facebookで仲間を傷つけるような内容を投稿してしまったり、みんなで行う掃除や後片付けを拒んだりすることが続いたからです。

つまり、レヌーは可愛いけど、とってもワガママ。

 

でも、カミナリ親父は彼女にチャンスを与えました。

「2月の終わりに、試験をする。CSAからアンコールワットまでランニングすること。もしヘアンよりも速く走ることが出来たら、CSAに復帰させる。」

 

そして、カミナリ親父が日本に帰る日

レヌーは試験に臨みました。

 

カミナリ親父は解っていました。

レヌーヘアンには勝てない。毎日毎日、食事や運動に気をつけて頑張っているヘアンを、そう簡単には抜かせない。

でも、もしレヌーがベストを尽くせたら・・・・歩かずにアンコールワットまで走れたら

CSA復帰、OKと言ってあげよう

 

でも、レヌーはベストを尽くせませんでした。

ナス先生が伴走してくれましたが、スタート早々に歩いてしまっていたそう。

もちろん、タイムもヘアンには及びませんでした。

 

先生からその報告を受けたカミナリ親父は、悩んだ結果、カンニャにこう伝えました。

「もしレヌーが“今日の自分はベストを尽くせなかった、ごめんなさい」

と、そう言えたら、OKと言ってあげたい

 

 

レヌー、今日のランニングは自分でどうだった?」

「私はベストを尽くした。

でも、私の歩幅はヘアンの半分くらいしか無いから、勝てなかった。」

びっくり仰天の言い訳でした。

カミナリ親父は、猛烈な絶望感の中でレヌーに尋ねます。

「君は、どれくらい自分で練習したんだ?俺はこの試験をする事を、3ヶ月前に伝えただろ?3ヶ月ちゃんと頑張ったのか?」

「1ヶ月しかやってない。お父さんがダメって言うから。」

↑これ、レヌーの“嘘”なんです。

以前にFacebookに悪い言葉を投稿した時も、お父さんのせいにしていたので。

 

「君は、何でもお父さんのせいなんだな。全部、言い訳じゃないか。」

カミナリ親父は頭を抱えながら、こいつは何も変わってない、こいつの将来が心配だ、と言いました。

ここで「お前はもうクビだ!」と怒鳴らなかったのは、カミナリ親父の中でレヌーに対する愛だったと思います。

 

カミナリ親父は悩んだ末、レヌーにこう伝えました。

 

・絶対に嘘をつかない

・絶対に言い訳しない

・絶対に遅刻をしない

・99%ではなく100%

 

これを絶対に守れるなら、研修生としてCSAに戻す。

ただし、一ヶ月後にもう一回試験、今度はお情けなし。

 

嘘をつかない事、言い訳しない事

これは、時には勇気が要る場合もある。自分の弱さを隠すために使ってしまう時もある。

でも私は、特にカンボジアに来てから、ほんの些細な嘘でも・・・

例えば、本当はそんな事を言ってないのに「あの人がこう言ってた」と言ってしまったり、

そういう些細な嘘でも、そういう些細な嘘こそ、

話が複雑になってしまったり、信頼関係を壊してしまう事がある、という事を学びました。

 

 

さあ、レヌーは頑張れるのでしょうか。

昨日と今朝は、ヘアンと一緒にランニングに出掛けましたが・・・・

今朝は「もう疲れたからバイクで迎えに来て」とレヌーからソヒャップに電話がありました・・・

 

レヌー

ヘアンより頑張らないと、勝てないよ!!!

 

f:id:rena19811026:20160228181219j:plain

この人の嘘は、すぐバレます。

 

Rena

 

 ☆公式HP☆

f:id:aymaym0614:20150325110654g:plain