スーパースターへの道 in カンボジア

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパースターへの道 in カンボジア

カンボジア次世代のスーパースターPOLARIXCREW(ポラリックスクルー)、世界への挑戦状

やめる!?やめない!?キン太郎の大騒動

メンバーのつぶやき

CSAを応援してくれる方は、クリックお願いします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

こんにちは、レッスン担当のRenaです。

シェムリアップは中国正月元旦から、また急に冷え込みました。

それでも、以前にも書いた通り、16℃〜25℃くらいの気温なのですが、

さすがに朝方はタオルケット一枚では寒くて目が覚めてしまい・・・

でも毛布なんて持ってないので、最終的には、もう仕方がない、犬の体温で温まっています。

 

すっかり“寒さ”に耐える精神が弱まっていることに、危機を感じています。

 

https://www.instagram.com/p/BBbNFF-vNvc/

We will be performing at "Friendship Music Festival " on February 20th @old stadium SiemReap .

 

さあ、今日もみんなは今月20日のフェスティバルに向けて、一生懸命に朝から頑張っています。

20日のフェスティバルはスターに近づくチャンスだ!!!

100%のパフォーマンスをするんだぁ〜!!!!

 

みんなの頑張りに拍車をかけているのが、私の偉大なる息子・ミッキーです。

ミッキーは、もう既に面と向かって、私のことを「ママ、ママ」と呼んでくるので、

私も「サン、サン(息子)」と呼んでいます。

 

ママは何歳?」

「わたし?34歳だけど」

「俺の本当のお母さんは43歳だから・・・うん、やっぱりママだ〜!」

ミッキー、22歳。どうやら 私は12歳の時にこの子を産んだようだわ・・・

 

で、私の偉大なる息子は、CSAの生徒には「ボス・ミッキー」と呼ばれています。

みんなより年上なのもあるし、やはり貫禄があるからかな

 

ど音痴な歌を披露するコンを、冷ややかに見守るミッキー↓

f:id:rena19811026:20151223221025j:plain

 

ミッキーは、時おりCSAメンバーのみんなを集めて、ミーティングをしてくれます。

 

CSAのメンバーは、みんなで一つの船に乗っているんだ。

誰かひとりがパドルで漕ぐのをサボってしまうと

船はどんどん遅くなる

一生懸命頑張っているメンバーに負担もかけてしまう

 

でも、もし全員で一緒に精一杯漕げば

船はとても早く進むことが出来るんだ

 

同年代、そして同じカンボジア人であるミッキーの言葉は、カンニャの言葉同様に

みんなの心に響きます。

 

ミッキーがなぜこんな話をしたかというと、それはキンのためでした。

 

最近のキンは少し様子がおかしくて(いや、前からだったような気もするな)

ダンスの練習に身が入らず、コンリンがグングン成長し、他メンバーが素直にその二人の背中を追う中で、

キンはダラダラとみんなを眺めていることが多く、ミッキーはそんなキンの尻を叩こうとしたのです。

 

先生も、カンニャも「どうして練習しないんだ」と心配してキンに尋ねると

「オレは出来るから大丈夫なんだ」と

 

いやいや、出来てないから

 

先生もカンニャもビックリ仰天よ。

 

そして、昨日は連絡なしに練習に来ず

カンニャキンに電話すると

「中国正月のあいだは休むって言ったじゃないか」

そんな連絡聞いてないわよ、いや言ったぞ、となって

 

「最近のキンは良くないよ、みんなが一生懸命にやっているのに一人だけ怠けてる!」

 

「うるせぇなー!だったらもういい、CSA辞めるから、もういいよ!」

 

「何言ってるの!?キン、カーが辞めてしまった時のこと覚えてる!?

あんた、カーは自分一人のことしか考えてない、周りの人のことを考えてないって言ってたじゃない!!

今のあんたは、その時のカーと同じだよ!!」

 

「今の俺のほうがもっと大変なんだよ!!今度、ケンとレナに“辞める”って話しに行くから!!」

 

という流れを終えたカンニャから、私に電話がかかってきました。

「レナさん!!私、怒ってます!!」

その話を聞いた偉大なる息子・ミッキーも怒っています・・・・

 

カンニャの話を聞いて、私は動揺すると共に悲しい気持ちになりました。

いつか、みんなと別れる日が来るんだろうけど、キンがこうして自分の元を離れていくのは悲しいなと・・・

でも、いつまでも仲良しごっこじゃやっていけないし

 

キンとの思い出が頭を巡ります。

 

とりあえず、日本のカミナリ親父と、プノンペンIMOに報告

二人とも口を揃えて

「バカだねぇ・・・」

 

二人に報告すると私の気持ちもだいぶ落ち着きました。

 

私は、カンボジアに来てからすっかりお世話になってる“google翻訳”さんを使って

英語が全くわからないキンにメッセージを送りました。

 

「CSAでの思い出を忘れないで。

コンリンヘアンティーソヒャップタタノリ、ミッキー、レヌー、それにIMOやKEN

みんなの顔を忘れないで。

みんなキンが大好きだから、心配してるんだよ。」

 

キンFacebookにこう投稿しました。

 

カンニャ姉さん、ごめん。 俺、精一杯頑張るよ。ごめんなさい×10000」

 

そういうわけで、キンがCSAやめるかも騒動は一件落着。

 

今回のことで分かったことは

やっぱりキンはバカ

ガチンコの寅次郎なんです。

寅さんは、映画「男はつらいよ」の中だけにいるんじゃない。

実在するのです。

f:id:rena19811026:20160129230223j:plain

 

何か悩みごとがあるのかしら

家で何かあったのかしら

と心配していましたが・・・・

※本気で「俺は出来る」と思っている

※自分がみんなのモチベーションについていけなくて拗ねている

どちらかです。

 

そしてもう一つわかったことは

https://www.instagram.com/p/BA1Ze2CPNir/

Are you happy ?#CSA #CSARecords #WayToStar #cambodia #dance #music #smile #happy #陽ハマタ昇リ繰リ返ス

 

キンは、本当にみんなに愛されています。

“寅さん”だからね。

 

Rena

 

 

 

 

☆公式HP☆

f:id:aymaym0614:20150325110654g:plain