スーパースターへの道 in カンボジア

スーパースターへの道 in カンボジア

カンボジア次世代のスーパースターPOLARIX(ポラリックス)、世界への挑戦状

CSA異臭騒動②

CSAを応援してくれる方は、クリックお願いします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 こんにちは、レッスン担当のRenaです。

最近、どうしようもないキン太郎が、めちゃくちゃ頑張っています。

毎週土日は午後からの練習なのですが、キンだけが午前中にやってきて、一人で黙々と先生と練習しているのです。

どうしたんだ、キン太郎。

キン太郎は、ダンスを頑張っているだけではなく、いろんな事を頑張っています。

CSAのお手伝いも誰よりテキパキこなし、風邪もひかず、遅刻もせず、いつも元気いっぱいに

何でも頑張っています。

全く英語ができないキン太郎ですが、最近はやたらと

“Oh, I see”

を連発しています。自分で言って、自分で大爆笑しています。リンから習いました。

昨日は、いつもケンカばかりしているヘアンに対し、キン太郎が突然フライドチキンを

「あーん」と言いながら食べさせようとしました。

あまりに突然だったので、ヘアンもビックリして、思わず

「あーん」とキンの手からフライドチキンを食べてしまいました。

 

胸キュン

 

ヘアンはもぐもぐチキンを食べながら

「明日は雨が降るわ、絶対に。」

と言っていました。

今日、本当に雨が降りました。

f:id:rena19811026:20151122155339j:plain

先日、数名のアメリカ人の方がCSAの視察にやって来ました。

内戦終焉直後からカンボジアの再建に携わったアメリカ人の方だそうで、CSAのことを知ってわざわざプノンペンから視察に来てくださったのです。

カンボジアの政府とも深い繋がりがある方々なのだとか・・・

アメリカ人の皆さんの来訪に、生徒のみんなはもとより、私たち日本人もちょっと緊張しましたが、英語堪能なスタッフ・カンニャーのおかげで、終始和やかな雰囲気で視察は終わりました。

長くカンボジアに住んでいらっしゃるということで、アメリカ人の皆さんクメール語も堪能、生徒のみんなと楽しく話してくださいました。

 

その数日後・・・

 

そのアメリカ人のうちの一人の男性が、再びCSAにやって来ました。

「うちの娘がCSAの大ファンでね。一回だけ、一緒にレッスンさせてもらえないかな。」

男性と一緒にやって来たのは、13歳の可愛らしい女の子。

彼女は、CSAの生徒たちと楽しそうにレッスンしていました!

よかった、よかった

これでアメリカ人のお偉いさんにも、CSAの好印象を与えられたはず・・・

あわよくば、カンボジア政府にもCSAのことをPRできるわ・・・

ふふふ・・・

 

しかし

再びCSAスタジオに悪夢の時が訪れます。

楽しいレッスンを終え、ストレッチに入ろうとした時

突然、コンが物凄い形相で、スタジオのドアを開けました。

お隣の迷惑になるので、いつも8:00pmきっかりにスタジオのドアを閉めて音楽を止めるので、

ちょっとコン、どうしたのかしら

と思っていたら

ヘアン、ソリヤ、ソヒャップが次々に苦しみ出しました。

「ううっ・・・」

木皮先生も、苦しそうにTシャツで顔を覆っています。

やがて、私とKenにも異変が・・・・

「うっ・・・!」

「なんだこの臭い!!!」

 

ただ一人、みんなが苦しんでいるのをキョトンと見つめる男が一人

 

キン太郎の足の臭いでした

 

「何?この臭い・・・?犬の臭いかな・・・?」

 

しまった!!!!

お偉いさんの娘さんが来ているんだった!!!

 

「キン、お前、足を洗ってこい!!」

コンがキンにキレます。

 

キンの靴に大量のファブリーズを噴霧

最終的にはキンの足の裏にダイレクトでファブリーズを噴霧

 

「足の臭いだったんだね・・・」

 

バレた

 

f:id:rena19811026:20151122171854j:plain

f:id:rena19811026:20151122171924j:plain

キン太郎のせいで、政府へ好印象PR♡という下心は、打ち砕かれたのであった

 

Rena

 

 

 

 

☆公式HP☆

f:id:aymaym0614:20150325110654g:plain