スーパースターへの道 in カンボジア

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパースターへの道 in カンボジア

カンボジア次世代のスーパースターPOLARIX(ポラリックス)、世界への挑戦状

あなたの「本気」

CSAを応援してくれる方は、クリックお願いします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 

こんにちは、レッスン担当のRenaです。

昨日のブログで書きましたが、CSAのNo.1美少女・レヌーが離脱しました。

 

 

blog.cambodiastarsacademy.com

 

 私、CSAのボスであるKEN、そして広報ぢゃがいもは、レヌーとかなり長い付き合いなので、彼女がこうして離れて行ったことはとても残念、誰より残念に思っています。

 

しかし、残念に思うと同時に、今回のCSA離脱はレヌーにとってとても良い経験だろうとも思っています。

レヌーにとって、まずカンボジア社会に出て、自分のダメなところ、自分の本当にやりたい事を見つめ直す良いキッカケになるだろうと思います。

 

これまでにも何回か書いてきましたが、カンボジアでは、エンターテイナーという仕事はまだまだ理解されず、特に生徒たちのご両親世代は、風俗業と同じような悪いイメージを持つ方がたくさんいます。

これまでにも、ご両親の反対にあってCSAを辞めた生徒もたくさんいます。

私たちも、なんとかご両親の信頼を得るべく、生徒のご両親に直接会いに行ったりもしました。

しかし、その時は丸く収まるのですが、やはり今回のレヌーのような結果になったりもします。

 

これまでCSAをやってきて思うのですが、私たちが生徒のご両親の信頼を得るのももちろん大事ですが、最終的には、生徒本人が“いかに本気であるか”に懸かっています。

 

リーダー・コンも、ご両親の反対と闘っています。

 

 

blog.cambodiastarsacademy.com

 

 CSAは、カンボジア人をサポートするNGO団体やボランティア団体ではないので、双方共に真剣で必死じゃないと成り立ちません。

CSAは、生徒たちの「本気」が必要なのです。

コンのように、

「俺はどうしてもこの道を行きたいんだ」

と家族に言えるくらい本気でCSAを選んでくれた時、私たちが生徒の家族に会って「本気」で話す意味が成り立ちます。

 

あくまで私たちは外国人。カンボジアを、生徒たちの家族を、変えることは出来ません。

でも、この国に生まれて、この国で生きていく生徒のみんなが「本気」になれば、出来るはずです。

 

私もKENもIMOも、レヌーが成長してCSAに戻って来ることを信じています。

 

最近のCSAは女子不足。

タタは来週から学校がスタート。なんと、朝7:00〜夜9:00まで勉強。

CSAにはもう週末しか来られません。

 

ソリヤは家庭問題と仕事が解決せず、しばらくレッスンに来ていません。来週、ソリヤは仕事を辞める予定だそうですが、その後ちゃんとCSAが続けられるのか心配です。

 

唯一安定感があり、一番に期待しているのが歌姫・ヘアン

 

 

blog.cambodiastarsacademy.com

 

 

 でも今週、ヘアンのおじいちゃんが亡くなってしまい、ヘアンは里帰りしていて数日間お休みだったので、CSAは男まみれでした!

instagram.com

 

“どぶに落ちても 根のある奴は やがて蓮の花と咲く” (映画「男はつらいよ」主題歌より)

 

レヌー、待ってるよ

Rena

 

 

☆公式HP☆

f:id:aymaym0614:20150325110654g:plain