スーパースターへの道 in カンボジア

スーパースターへの道 in カンボジア

カンボジア次世代のスーパースターPOLARIX(ポラリックス)、世界への挑戦状

ちょっといい話

CSAを応援してくれる方は、クリックお願いします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

こんにちは、レッスン担当のRenaです。

毎週土日は、私が担当している歌のレッスンがあります。

私自身は楽器のプレイヤーで、プロのボイストレーナーではないということもありますが、

歌はなかなか“目覚ましい上達”というのが見られませんが、それでも、1年前に比べれば良くなってきたように思います。

POXXとしてデビューしているはずのタタとレヌーが一番音痴・・・

二人は英語もペラペラなので、いつも流行りの洋楽を楽しそうに歌っているのだけど・・・下手ッぴだなぁ・・・

日々、インターネットやらYouTubeやらで

「音痴 治し方」

と検索してしまう私です。

 

さて、昨日

スタッフ・カンニャーが個人面談生徒のみんなにインタビューをしました。

インタビューのテーマは「5年後の自分へ」

 

カンニャーがクメール語でインタビューをしたので、詳しい内容がまだわからないのですが

生徒のみんながどんな事を話していたのかを、カンニャーがざっくり話してくれました。

しっかり高校に通い、大学にも必ず行くであろうタタやレヌー

現在、大学生であるノリなどは、将来のお金のことを心配したりしてかなり現実的な内容だったそうですが

コン、ヘアン、カー、ソヒャップのインタビュー内容は、日本人的にかなり感動的でした。

インタビューの全容は、映像が出来るまでのお楽しみにしておこうと思うのですが、カーのインタビューについて、ほんの少しだけご紹介させてください。

カンニャーはただいま日本語勉強中なのですが、カンニャーが使ったシンプルな日本語がとても心に刺さりました。

 

私が、カーに“5年後の自分にメッセージを言って”と言ったら、

カーは、何を言えばいいか解らないみたいだった。

だから私は“自分が何をしてるかなってイメージすれば良いんだよ。

例えば、CSAを離れて、自分一人で何かやってみるとかね”って言ったんだよ。

そしたら、カーが怒ったみたいにこう言ったよ

“オレは、自分がどこから来たかを絶対に忘れない。オレが最初にちゃんと勉強したところはCSAなんだから。オレは、自分がどこから来たのか忘れないよ。オレはCSAを離れたりしない。”

私はただ“例えば”って言っただけなのに、カーは私に怒ったみたいだったよ

 

カンニャーにはとんだトバッチリだったけど、嬉しかった

 

カー

ちょっと前まで、キザで、自分の髪型ばっかり鏡でチェックして、

汗かいて頑張るのが大嫌いで、忍耐の「に」の字もなくて、食も細くて、

ニートだし、甲斐性なしだなぁなんて思っていたけど

 

今は別人みたい

 

 一度はCSAを辞めて、でも一人で勇気をふりしぼって、

「今までごめんなさい、もう一回CSAに入りたい」

と言いに来た日から、カーは変わった

 

私の作ったご飯もたくさん食べてくれるし、いつも色々手伝ってくれる

 

ヘアカットの勉強もして、今やダンスもコンに続く勢い

苦しいトレーニングも音をあげなくなった

人は、気持ちひとつで変われるんだね

 

カーのインタビューで、私の中のいろんな不安や寂しさが、吹っ飛びました。

f:id:rena19811026:20150928005844j:plain

 

ありがとう

 

Rena

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆公式HP☆

f:id:aymaym0614:20150325110654g:plain