スーパースターへの道 in カンボジア

『星』に手を伸ばせ!!たとえ届かなくても in カンボジア

オカマ犬“さそり”が見つめる、スーパースターを目指すカンボジアの若者たちの青春

男の誇り!

CSAを応援してくれる方は、クリックお願いします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 こんにちは、レッスン担当のRenaです。

今日から、土日の午前中を利用して、新しいレッスンが始まりました。

 

https://instagram.com/p/7zoFszPNuW/

Today CSA students learn about basic of Break Dance!!If you don't know about basic, you can't cool Break Dance!!!#CSA #dance #basic

 

決して、ショッピングセンターの床で、みんなでゴロゴロしているワケではございません。

左端にいるコンの様子からお判り頂けるかと思いますが、そう、

ブレイクダンスです!!!

日本でも、よく品川駅とかの片隅で、若者がヘルメットをしてぐるぐる回って練習していますよね〜

正直、私には「危険」以外の何物にも見えないのですが、人間って不思議、そういう危険なものに憧れちゃうんですよね

得に男の子ね

 

このブレイクダンス

実は少し前に、CSAで一悶着ありました。

木皮先生が来たばかりの頃、ヴィチェットという青年がCSAに入ってきました。

聞けば、ヴィチェットはブレイクダンスでカンボジアのテレビ番組に出たことがあるそうで、みんなの前で逆立ちをして見せたのです。

ヴィチェットがCSAにやって来た目的は、もう一度、ダンスでテレビ番組に出ること。

「もしCSAでテレビに出る機会をもらえなければ、CSAで勉強した後に自分で勝手にチームを作ってテレビに出る」

そんな事さえ言っていました。

「本気でプロになりたい、基礎からしっかり学びたい、一緒に頑張るチームメイトと共に」

そう願うリーダー・コンが、そんなヴィチェットに対し、こみあげてくる怒りを抑える姿を目にするようになりました。

さらに、コンはまだブレイクダンスが出来ません。

コンは小さい頃に遭った交通事故の影響で右腰に古傷を抱えており、どうしても出来ない体勢があるのです。

ヴィチェットは、そんなコンの前で、見よう見まねのブレイクダンスを自慢気に披露します・・・

 

コンの苛立ちを察した先生は、こんな言葉をかけてくれました。

「コン、君に基礎からブレイクダンスを教えてあげる。君なら出来るよ」

 

コンとヴィチェットが大きく違う点は、基礎練習がいかに大切か解っていること

 

やがて、厳しくつまらない基礎練習に耐えられなかったヴィチェットは、CSAを辞めました。

 

ヴィチェットがCSAを辞めたことを知ったコンは、納得したように大きく頷き

手をパンパンと鳴らして、ランニングへ。

 

みんなのブレイクダンスの練習を見学した私

何度も「危ないっ!」と声が出てしまいましたが、ちゃんと先生が基礎から教えてくれるので大丈夫

一つ一つの技にコツや綺麗に見せる方法があり、それを知っているのと知らないのでは大きく違うのだと改めて実感しました

 

上手に技が決まり、先生に褒められたコンはまるで子供みたいに大喜び!

 

練習に参加したみんなは頭と手がとっても痛そうでしたが、きっとその痛みは、あなたの新しい「誇り」!!

 

Rena

 

 

 

☆公式HP☆

f:id:aymaym0614:20150325110654g:plain