スーパースターへの道 in カンボジア

『星』に手を伸ばせ!!たとえ届かなくても in カンボジア

オカマ犬“さそり”が見つめる、スーパースターを目指すカンボジアの若者たちの青春

ソリヤの大健闘!

CSAを応援してくれる方は、クリックお願いします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

こんにちは、レッスン担当のRenaです。

明日は、10日にプノンペンで行われるフラッシュモブに向けて、第一回オーディションが行われます。

今いるCSAメンバー、全員で行ければ最高なのですが、中には明らかに努力が足りない子もいて、

CSAは遊びでやっているのでは無いこと、CSAの生徒たちがこれから挑んでいく世界は実力だけがモノを言う厳しい世界であることを知ってもらうためにも、選抜オーディションを行うことになりました。

大半の生徒は本当に頑張っているのですが、中にはちょっとしたオシャレ感覚でやって来てしまっている子もいて、明らかにみんなの足を引っ張ってしまっている状態。

日頃優しい先生も、そんな生徒には厳しい態度を見せています。

得意・不得意はありますが、出来ないなら出来ないなりに、人の何倍も頑張らなくてはならないことを解ってもらうためです。

実際に、不器用でみんなから大きく遅れを取っていたものの、自身の努力でみんなに必死で喰らい付いてきた女の子がいます。

f:id:rena19811026:20150904204043j:plain

彼女の名前はSoriya(ソリヤ)

まだCSAでは最年少の16歳。とても大人しく、こんな言い方もなんですが地味で目立たない女の子です。

歌姫・ヘアンと同時期にCSAに入ったものの、何事に対しても遅れをとってしまい、遅刻も多くて、ディレクターのKENやリーダー・コンにも喝を入れられていました。

正直、どこまで彼女が続くのか心配だったのですが、最近の彼女はみんなより早く練習に来たり、自分自身でも振り付けを覚えてきたり、彼女なりに努力を重ねてみんなに追いついてきたのです!

先日のパブストリートでの度胸試しフラッシュモブの日

私は初めてソリヤと対等に話すことが出来ました。

今までは、正直なところ彼女がいつCSAを辞めてもおかしくないと思っていたので、あまり気持ちを入れて彼女と接することが出来なかったのです。

「ソリヤ、すごく頑張ったんだね」

と話すと、小さな声で恥ずかしそうに

「仕事場で練習したの」 

と答えてくれました。

 

ソリヤは16歳。日本で言えば、高校1年生。

タタやレヌーのように高校に通う16歳もいれば、ソリヤのように学校にはいかず仕事をしなくてはならない16歳もいるカンボジア。

ソリヤは、観光客で賑わうシェムリアップ1番の繁華街・パブストリートで、日付が変わる時間まで働きながら、時間を見つけては職場の片隅でステップを踏んでいたのかと思うと、なんともいえない気持ちになりました。

 

頑張れ、ソリヤ

そう、私ね、どちらかというと、あなたのようなタイプなんだよね

不器用で何やっても上手くいかなくて、キラキラしながら前進していく子が羨ましいことが、たくさんあるよね

 

頑張れ、ソリヤ

いつか不器用が役に立つ時が来るかもよ

f:id:rena19811026:20150904210610j:plain

Rena

 

☆公式HP☆

f:id:aymaym0614:20150325110654g:plain