スーパースターへの道 in カンボジア

スーパースターへの道 in カンボジア

カンボジア次世代のスーパースターPOLARIX(ポラリックス)、世界への挑戦状

男の友情!

CSAを応援してくれる方は、クリックお願いします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 こんにちは、レッスン担当のRenaです。

首都プノンペンでのフラッシュモブまで、残り7日

 

毎週水曜日はレッスンお休みなのですが、何人かの生徒は練習に来ております。

先生、休み無いですね・・・お疲れ様です・・・

 

CSAでは、ダンス講師・木皮先生を迎えるまでの7月〜8月まで、およそ1ヶ月半に渡り基礎体力トレーニングを行ってきました。(もちろん、今では木皮先生も一緒に基礎トレーニングをしています!)

ランニング、筋トレ、リズム、ダンスの基礎ステップ・・・地味でキツい練習ばかりです。

しかし、(日本人なら)普通は解ると思いますが、

華やかに見える事こそ、道のりは地味で厳しいもの

ですよね!

しかし、地味で厳しいことを乗り越えたあとに達成感を得る!という経験をする機会が無いに等しいカンボジアでは、ダンスを踊るために、歌を歌うために、こんなに地味で苦しい練習をしなければならないなんて、知る由も無いのです・・・

(日本だったら、運動会、部活、文化祭などでいつの間にか経験できますよね)

 

そういうわけで、CSAを辞めていった生徒もこれまでにたくさんいます。

練習がきつくて耐えられず辞める生徒以外にも、時間を守れない、無断欠席・無断遅刻が多いとCSAの生徒は続けられません。

殆どの場合、「この子は辞めても仕方ない」と思えるのですが、辞めてしまってとてもガッカリした生徒もいます。

それがカーでした。

 

blog.cambodiastarsacademy.com

 

しかし、カーは戻ってきました!

殆ど話せない英語で、一生懸命にこれからは気持ちを入れ替えて頑張りたいと伝えてきたカー。

カーをCSAに戻したのは、CSAの頼れるリーダー・コンです。

陽気で前向きな性格で皆から慕われるコンですが、ダンスに対して真面目なぶん、中途半端な気持ちでやるヤツに対しては怒りを露わにすることがあります。

コンは、昔からの仲間であるカー、そしてもう一人・お笑い大将キンと、一度ケンカをしました。

 

コンは、ダンスは好きだけれど、まだまだ本気になれていなかったカーとキンに対し、自分の気持ちをぶつけたのです。

のんびり気質のカンボジア人が、こうして古くからの仲間とケンカするのは、なかなか珍しいことです。

それだけ、コンが本気でプロのダンサーを目指しているのだと思います。出来れば大切な仲間であるカーやキンと一緒にやっていきたいとも思っていたのでしょう。

 

カーがCSAに戻って来た日。

コンに「カー、戻って来たね」と声をかけると、コンはいつもの陽気な笑顔でこう答えました。

「実はオレが教えたんだ、今日は公開レッスンなんだ、お前も観に来いよって」

 

一度はバラバラになった3人ですが、今はまた、同じ方向を見つめているようです。

 

 Rena

 

 

 

 

 

 

 

☆公式HP☆

f:id:aymaym0614:20150325110654g:plain