スーパースターへの道 in カンボジア

『星』に手を伸ばせ!!たとえ届かなくても in カンボジア

オカマ犬“さそり”が見つめる、スーパースターを目指すカンボジアの若者たちの青春

無念のリタイヤ

CSAを応援してくれる方は、クリックお願いします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 こんにちは、レッスン担当のRenaです!

今日は、一人の生徒からこんなメッセージが私に届きました。

「ごめんなさい。私、CSAを辞めます。両親がダンスなんか踊ってないで、もっと中国語を勉強しろって。私は、ダンスが大好きなのに。CSAに通い続けたかった。」

SreyLin(スレイリン)という女の子。今まで一回も遅刻がなく、どんな厳しい練習にも前向きに取り組める女の子だったのですが、両親の反対には勝てず、無念の脱退です。

カンボジアでは、まだまだ音楽・ダンスなどのエンターテイメントを仕事とする事に対して、良いイメージが無いのが事実。

特に、生徒のご両親の世代は、芸能界というものに対して悪いイメージを持っている人が多いです。

今までにも、本人の意欲に反し「親の反対」が理由でCSAを辞めた子が何人かいます。

CSAでは生徒たちと契約書を交わしており、必ず家族の承諾を得てサインをもらうようにしていますが、中には親戚や兄弟のサインをもらってくる子も。

私たちは、今回のケースのようにご両親の反対があった場合には、無理やり引きとめたりはしないようにしています。

やっぱり生徒はご両親のものだし、学業が大切だということも解るし、今までのカンボジアの文化の流れから「芸能界は悪くて危ない世界」とご両親が考えるのも無理のないことだと思うからです。

まずは、私たちCSAから新しいスターを生み出し、エンターテイナーという仕事がどんなに素晴らしいかということ、危なくない悪くない芸能界を伝えることが、たくさんの人・幅広い年代の方から信頼され、この世界のイメージを変えられるキッカケになると思っています!

 

↓厳しいトレーニングを耐え抜く気力と体力をつけた生徒たち、レッスンの合間に楽しそうに踊っています❤️

みんなを見てると、いろいろあるけど、前途は明るいと思えるから不思議。

Rena

After the basic training, they can fly !!!#CSA #dance #training

 

☆公式HP☆

f:id:aymaym0614:20150325110654g:plain