スーパースターへの道 in カンボジア

『星』に手を伸ばせ!!たとえ届かなくても in カンボジア

オカマ犬“さそり”が見つめる、スーパースターを目指すカンボジアの若者たちの青春

CSAスター候補生・音楽レッスン!

こんにちは!

 

私はCSA(カンボジア・スター・アカデミー)

音楽のレッスンを担当しているRenaです。

どうぞよろしくお願いします!

 

私は、日本ではずっと楽器のレッスンをする仕事をしていました。

カンボジアに来てからは、楽器レッスンを続けると共に、ローカル小学校で音楽の授業をしています。

 

 

CSAの音楽レッスンは今月スタートしたばかりです。

 

8月に行われたCSAオーディション(応募総数およそ200名)から選ばれた、約20名のスター候補生にレッスンをのですが、殆ど全員が死ぬほど音痴です。

 

f:id:rena19811026:20140928005254j:plain


日本では音楽は義務教育ですが、カンボジアでは殆どの小学校で音楽の授業がありません。
子供の頃から音楽を学ぶことが出来るのは、カンボジアにいるごくごく一部の富裕層だけなのです。

ドレミのドの字も知らないスター候補生のみんなが、死ぬほど音痴なのは当たり前なのです。

正直なところ、最初のレッスン、みんながあんまり音痴で絶望的な気持ちになりました。オリジナルソングなんて歌えるのか?という疑いのみでした。

しかし、候補生の中に、数回の練習で上手に音程が取れるようになった子がいたり、少しづつ少しづつ、全員の『ドレミファソラシド』が揃ってくるようになり、希望が見えてきたところです。


今後、音楽の授業が無い国・カンボジアで生まれ育ったスター候補生の悪戦苦闘レッスン日記をお届けしていきますので、ぜひご覧ください!


レッスン担当 Rena