スーパースターへの道 in カンボジア

『星』に手を伸ばせ!!たとえ届かなくても in カンボジア

オカマ犬“さそり”が見つめる、スーパースターを目指すカンボジアの若者たちの青春

ドブネズミみたいに誰よりもやさしく

昨日、カミナリ親父は仕事でラオスへと旅立ちました。

毎度、出張時には何かしら忘れ物をして、必ず一度は家に戻ってくるカミナリ親父。

今回は、行く直前に「パスポートがない!」と騒ぎだし

みんなでハラハラとカミナリ親父を見守り、無事にパスポート発見。

みんなの拍手で見送られながら、空港へと旅立ちました。

 

前にも書いたことがありますが、私とカミナリ親父はよくケンカをします。

ケンカの内容は全て、ポラリックスやスタッフたちの事です。

夫婦で一緒にお仕事をされている方ならお解り頂けるかと思いますが(笑)

どちらも彼らのことを真剣に考え過ぎて、まだ起きてもない問題についてまで考えて

ケンカになってしまうんですよね(笑)

どっちが正しいワケでも間違っているワケでもないから、ケンカしても答えはでず

ただ、最近たどり着いた答えは

「一緒に仕事をすると、ケンカもするが、同じ喜びや痛みを分かち合える」

って事です。

 

ケンカをする時には互いに“キィー!”となりますが

私はカミナリ親父と結婚できて、本当に良かったと思います。

 

カミナリは、本当に傍若無人、天真爛漫、理不尽極まりないですが

人を信じる事が出来る男です。

ポジション、名誉、経歴、そんなくだらないモノに囚われない男です。

それだけで十分、それが良い!・・・という事を学んだ2017年。

 

 

昨日、ポラリックスたちはイオンモールでトヨタのイベント出演の仕事がありました。

 

そして昨日は、

ポラリックスがアンバサダーを務める携帯電話会社“セルカード”のライバル社

カンボジアで圧倒的な若者の指示を得る携帯電話会社“スマート”のコンサートがありました。

 

スマートはものすごく勢いある携帯会社で、

日本でも人気がある韓流スターをコンサートに招待します。

昨日のスペシャルゲスト韓流スターは「CL(シーエル)

(ちなみに私、全く韓流スターに興味がなくて彼女の事も知りませんでした!)

 

そして、あろうことか

このライバル社のコンサートにKAが参加してしまいました。

(前にも書きましたが、私たちはKAやコンの行動による“契約違反”の罰を

ギリギリのところでなんとか逃れました。

これまでのポラリックス&カミナリ親父の仕事ぶりのおかげです。)

彼女はたまたま、そのコンサートで踊るバックダンサーと友達で、

もはやKAとしてではなく、バックダンサーのバックダンサーとしての参加でしたが

カミナリ親父はポラリックスの皆のモチベーションをとても心配しました。

 

夫婦というのは不思議なもので(笑)、いつもは私の方が心配性なのですが

この件について、私は何もポラリックスが心配ではなかったのです。

ポラリックスが、こんな状態でコンサートに出る彼女を羨んだりはしないだろう、と。

 

これも、私とカミナリ親父でケンカになりました。

で、私もカミナリ親父も、間違ってもないし正しくもないから、

答えは出ぬままケンカは終了です(笑)

 

きっとカミナリ親父の思う通り、

ポラリックスも、スタッフも、思うところは色々あったと思うけど

彼らはしっかり、自分の仕事に注力し、やりきってくれました!

 

↓5人になってしまったけど、それぞれの個性が引き立つようになったダンス

f:id:rena19811026:20171210173613j:plain

f:id:rena19811026:20171210173816j:plain

f:id:rena19811026:20171210173920j:plain

 

↓サンタクロースは、キンのお家芸になりつつある・・・

f:id:rena19811026:20171210174027j:plain

f:id:rena19811026:20171210174156j:plain

f:id:rena19811026:20171210174229j:plain

f:id:rena19811026:20171210174307j:plain

 

5人になってしまったダンスを見て

2017年、いなくなってしまったメンバーたちの影がチラついて

思わず涙が出そうになる瞬間が何度かありました。

 

それでも、カミナリ親父やミッキーとも話したのですが

5人になり、一人一人の個性が際立ってきました。

 

それに、私は生まれてこのかた、自分にたいした自信もなく生きてきたけど

これだけは言える

辞めていったメンバー含め、私はポラリックスやスタッフたちの事を真剣に愛しました。

いつも自分のことばかり考えている弱い私だけど

自分が嫌われる事にビビりながら、真剣にぶつかってきたつもりです。

 

だから・・・あんまりに愛しすぎて、もう同じパワーは出せなくて(不器用おばさんなもんで)

去ってしまったメンバーには、もう私から会うことは二度と無いけど

私たちから疑ったり、隠し事をしたり、嘘をついたのではない

カミナリ親父と一緒に、彼らの将来を必死で考えて、一生懸命に愛したんだから

もう、それでいいんだと

 

5人で懸命に踊るポラリックスや、100%でサポートするスタッフたちを見て

私は心からそう思えました。

2017年、私の中に芽生えたたくさんの「毒」を、抜くことが出来ました。

 

ありがとう、みんな 誰よりもやさしい みんな

本当に大好きだよ

 

f:id:rena19811026:20171210180740j:plain

 

今回のトヨタのイベント、一番に嬉しかったのは

現場でお仕事をされている日本人の方

(笑顔でポラリックスやスタッフに接してくれ、活き活きとお仕事をされている姿に

同じ日本人として元気を頂きました)が、ロイのことを

甲本ヒロトみたい”

と言ってくださったことです!

 

実は、カミナリ親父は時おり甲本ヒロトのパフォーマンスをYouTubeで見ながら

「ロイにはこれくらい、ブチ抜けたキャラになって欲しい」

と願っていたからです(笑)

 

まあ、ロイは、甲本ヒロトみたいにストイックなキャラじゃないですけどね(笑)

ロイは、みんなの「かわいい弟」です

 

 

 

f:id:rena19811026:20171210174423j:plain

 

 

そして今回、こんなイベントに参加できたキッカケは

縁の下の力持ち、ボリャ & IMO

本当に誰かを想って動く人の優しさは、ずっと残る